>特集>大学によって有効な志望動機の書き方は変わる!

大学によって有効な志望動機の書き方は変わる!

教材を持つ人

大学に受験する方法は学力を試される受験だけではありません。面接の入試もあるので、どちらも選べる場合はまず面接での入試を受けることをおすすめします。仮に結果を出せなかった場合は学力での入試に切り替えられますし、他の大学に願書を提出すれば良いだけです。ただ、せっかく入試を受けるわけですから、合格するために全力で取り組むことが大事です。その際に必要となるのが志望動機です。なぜ志望したのかについては、大学側を納得させられる内容に仕上げることによって合格に近づけます。志望動機は自由に決められる場合もあれば、文字数の指定がある場合もあるため、大学によって有効な志望動機の書き方には違いがあります。ですから、詳細を理解して適切に対処しましょう。

大学へ入学する方法の1つに面接があります。一般入試のように学力をアピールする必要はないですが、その分なぜ入学を希望しているのかが重視されます。つまり、内容が充実している志望動機に仕上げることによって、合格率は高くなります。志望動機は面接で質問された時に返答する他、大学に提出する書類に記載します。自分の運命を左右するくらいの気持ちで十分に検討し、納得できる内容を記載しましょう。また、志望動機を考える際は、大学の募集要項の内容は必ずチェックすべきです。見落としたことで重要な内容が抜けてしまうと、結果に大きく影響する可能性があるためです。大学の募集要項は志望動機を考える前はもちろん、途中でも改めて確認することで間違いを防止できます。

勉強